中央林間駅 徒歩30秒大和市|歯科医院|CT&米国式根管治療センター
rss

予防歯科

予防歯科

定期検診を受け続けている人は、より多く歯を残すことができます

残存歯数当院では、歯科医院にて歯の治療をせずとも、長い間、口腔内の健康を維持できるように患者様には、定期的に歯の健康診断と歯のクリーニングに起こしいただくよう指導しています。

ある研究データでは、『定期検診を受け続けた人は、ほとんど歯がなくならない』(長崎大学の新庄先生の研究データを引用)という事実がわかっているほど、歯の定期検診は重要な予防歯科治療の一つです。定期検診を受けていただけるような患者指導こそが、歯科医療の本質であるといえます。

歯の定期検診

プローブ歯の定期検診は、年に2〜3回程度起こしいただく事を推奨しております。

歯の定期検診では、歯垢のチェック・歯周ポケットの測定・スケーリング(およびルートプレーニング)などの処置を行います。歯科衛生士と歯科医師が受け持ち制で担当しますので、患者様の経過をきちんと把握できるため、異常の早期発見や早期治療に有効です。

歯周ポケットのチェックは専門の器具(プローブ)を用いて行います

歯周ポケットの深さに異常は無いか?(正常値2〜3mm以内)前回と比べて歯周病が進行していないかどうか?を中長期的に観察していきますので、歯周病の進行度合いを、常に把握し管理することが可能です。歯周ポケットの深さが進行していたり、出血が増えた場合には、適切な歯周病予防の指導・アドバイスを行います。

スケーリングまた、歯と歯ぐきに残存する歯垢やプラークは、スケーリングという処置で綺麗に取り除きます。スケーラーという専用器具で歯周ポケットにある歯石を除去し歯周病菌を減らします。さらに深い部分にあるプラークは、ルートプレーニングという方法で除去します。深い位置にあるため、麻酔をして行いますので処置自体の痛みはありません。ご安心ください。
歯科衛生士紹介

歯のクリーニング(P.M.T.C=Professional Mechanical Tooth Cleaning)

zu02歯のクリーニングは、歯科衛生士が専用の機器と薬剤を使用して、歯ブラシやうがいでは落とせない汚れ(バイオフィルムやプラーク)を除去し綺麗にする処置です。
歯と歯の間や境目、歯のこまかい溝などに付着するバイオフィルムやプラークを取り除きます。
バイオフィルムとは、細菌同士が寄り集まった固まりで、歯と歯ぐきの隙間にへばりついているもののことです。 台所のシンクを掃除しないで放っておくとヌルヌルとしたものが表面につきますが、これもバイオフィルムの一種です。歯にも同じような事が起こっています。
P.M.T.Cでは、このバイオフィルムを綺麗に取り除き、歯周病や虫歯の進行を予防します。

歯の定期検診と歯のクリーニングはセットで処置します。1回の処置時間は30分〜40分程度です。お口の中がさっぱりし、綺麗になりますので爽快感を感じることができます。

汚れを取る

汚れを取る専用のチップを使って歯と歯の間の汚れをていねいに取ります。

汚れを完全に落とす

汚れを落とす柔らかいカップ状の機会で、汚れを完全に落とします。

洗浄

洗浄さわやかな洗浄液できれいに洗います。

Finish

クリーニング完了歯はツルツルでピカピカ!汚れもつきにくく清潔な状態になりました。